注意点について

アロマテラピーやエッセンシャルオイルによるマッサージを行う際、それぞれの身体の状態を考えて使用する必要があります。
香りと嗅ぐだけであればそんなにすぐに影響しませんが、身体に塗布して使用すると、エッセンシャルオイルの成分は皮膚から内部に浸透して血液や内臓に働きかけますから、それぞれの体質に合わせたいくつかの注意点があります。
例えば妊娠中ですが、母体はもちろん大人でも、体内の胎児は小さな子供です。
                                                                         

よってエッセンシャルオイルの成分が強く刺激を与えて、何らかの不調をきたす可能性があります。
通常でも、大人に使用する場合と子供に使用する場合とでは適量が違いますから、妊娠中はその点に注意して、量を調整する必要があるでしょう。
また、エッセンシャルオイルは血液に混ざって身体の中を流れていきますから、排泄器官と密接な関わりのある腎臓疾患がある人も気を付けて使用しなければなりません。
必要以上のオイルや芳香成分が入る事によって排泄の妨げになる可能性がありますから、量を少なめに使用すべきでしょう。
さらに皮膚が弱い人は、皮膚刺激の強い柑橘系のオイルを塗布して日光に当たると軽いやけどのような症状を発症する場合がありますから、これを避けて使用しましょう。

コメントは受け付けていません。